スケジュール共有もしっかりと|報連相もシステムでOK

人からITへシフトする新しい経理管理システム

  効率化のシステム

企業で求められる効率化、それは基幹業務である経理などにも及びます。経費精算などのシステム化や、機能をアウトソーシングする仕組みなど、工夫する事で効率よく業務を進めていく事が出来ます。

  分野別のシステム化

経費精算などの経理面だけでなく、人事部門や営業部門といった分野にもシステム化の波は広がっています。一般的に利用されている様々な社内システムについて、簡単にまとめてみました。

経理の仕事

様々な業種がある中で、どのような業種の企業でも必要とされる業務分野があります。
それが経理です。
経理は企業におけるお金の流れを管理する大事な仕事です。
経営の本髄でもあり、非常に重要な部署です。
会社が儲けているのかどうか、各部署から吸い上げたお金の流れに関する情報から判断する部署でもあります。
また、実際に入出金の管理や収支バランスの管理をする仕事で、企業が健全な経営をしていく上で必要とされる仕事です。
これらの仕事は正確性が求められる事から、システム化される事も多いです。
IT技術の確信により、効率的で性格な処理が可能となり、多くの企業で採用されています。

経理が行なう業務としては、具体的には小口精算、預金管理、売上や入金の確認や経費精算を行います。
また、その他にも資金調達に関する折衝を行なう事や、連結決算業務などもあります。
目立つ部署ではありませんが、需要な業務を行なう経理は社内において縁の下の力持ち的な存在です。
営業などの部署は、獲得件数や売上という指標で評価されます。
一方経理はお金を管理する専門職種なので、誤差を出さない正確さや迅速で効率的な業務を行っていく事で評価される傾向が強いです。

経理の他に、お金に関する部分を扱う業務があります。多くは経理の仕事の一部として、統合されて業務に組み込まれています。
それは「財務」と「会計」です。
「財務」は経理がお金の流れについて管理するのに対して、これから動くお金に関して管理を行なう職務です。
具体的な仕事を上げると、資金調達といった事や資産計画の立案などの経営分野により近い業務だと言えます。
「会計」とはお帳簿などにお金の出入りを記録する業務です。
多くは経理の仕事として組み込まれていますが、業務によっては分かれている事もあります。
また、会計ソフトや経理ソフトを使って業務の負担を減らし、財務などのブレーン機能だけに特化して仕事をする業務スタイルを持ちいる会社もあります。
IT企業などでは、少数精鋭で行っており、システムで処理出来る部分はシステムに任せる企業も少なくありません。
最近ではIT業界以外でもこれらの会計、経理システムを利用する企業が増えています。

  ASPとパッケージ

経費精算システムなどを導入する際に知っておきたいのがASPやパッケージといったシステムの違いです。それぞれに特徴があり、企業の体質や業務にあったシステムを選ぶためのヒントになります。

  ヒューマンエラー

ヒューマンエラーとは、人間が行なう事によって起こるうっかりミスです。このようなヒューマンエラーがある事で業務に支障が出てしまう事があります。経費精算など、本業以外の事務を行なう際の、ミスについて。

  経費精算システム

経費精算システムは、業種を問わず、非常に多くの企業で行われています。申請する側、上司などの承認する側、また経理部門や経営者から見た経費精算システムの有用性について紹介します。